CLUTCH Magazine 2022年6月号 Vol.85 (2022/4/22発売)

株式会社ヘリテージ

¥1,430

判型:A4変(285mm×210mm)
重量:542g
ページ数:176P

特集 ゴリゴリのヴィンテージ古着。

ヘリージスタイルを提唱するCLUTCH Magazineにとって、最も重要なヴィンテージカルチャー。今号はその中でもヴィンテージ古着に焦点を当てました。旧いモノの価値は、その希少性で、現存するヴィンテージピースはどんどんマーケットから消えていく一方です。当然、マーケットプライスも高騰し、どんどんと手の届かない存在になっています。だからこそ、そこには憧れが募るのです。
古着の世界ではヴィンテージの解釈が変わりつつあります。かつては1970年代以前のものをヴィンテージと呼んでいたのだが、近年は2000年代のものもヴィンテージと呼ばれ、価格高騰が始まっているのです。本誌では、そんな世相に抗って、従来のヴィンテージ解釈に合わせた1970年代以前のものを、戦前、戦中、戦後という3つのカテゴリーに分けて、アイテムから時代感を浮き彫りにしました。天然素材主流、少量生産の時代だった戦前の服飾文化、戦中になると物資統制など制限が増える中で、行われたモノ作り。さらには戦後の好景気の中で進められた大量生産、大量消費の時代へと突入する華々しい時代背景の中で生まれたファッションカルチャー……。それぞれの魅力をファッションアイテムやヴィンテージプロフェッショナルの言葉を通して紹介します。また、当時のプロダクツの手間のかかるモノ作りを踏襲するリプロダクションについても紹介。ヴィンテージと区別が付かないほどの忠実な再現力は日本のブランドが世界をリードしていますが、デニム、アロハシャツ、レザージャケットにおけるリプロダクションについて探求者たちに解説をお願いしました。


FOR OVERSEAS CUSTOMERS

If you are interested in purchasing our publications, please visit the links below.
http://www.lightningclutch.com