Lightning Archives「HISTORIC WEAR」(2020/10/26発売)

株式会社枻出版社

¥1,650

ヴィンテージ古着が大ブームとなり、日本のファッション業界を席巻していた1995年。
そんなヴィンテージを“完全再現させること"を目標に、大阪で創業したのがウエアハウスだ。その完全再現させたプロダクツは、当時は一般的に“レプリカ"と称されて大人気となったが、あれから25年経った今、その当時に“レプリカ"と呼ばれたプロダクツは、当時を知らない若者や海外のファンの間では、プレミア化し始めている。


ウエアハウスは、創業当時から変わらぬ姿勢で、現在でもヴィンテージを徹底的に解析しながら、それを再現させることに努めている。そのため、この25年間で蓄積してきた膨大な知識と技術により、現在のプロダクツの“再現性"においては、創業時とは雲泥の差があるのは確かだ。
しかし、これまで作ってきたプロダクツは、この25年間に持ち主に着用・洗濯され、保管中には空気に触れて酸化し、時には日焼けもして、ヴィンテージ古着さながらの表情に経年変化していた。実際にその風合いを見れば、ヴィンテージファンでも見分けがつかないほどの風格が漂っている。
これは、25年間ぶれずにモノ作りに邁進してきたことが、正しかったという証であり、次世代のヴィンテージ古着として評価されるべき逸品であると、切に思う。その想いから、ヴィンテージ古着に特化してきた「Lightning Archives」シリーズでは初めて、“レプリカ"と呼ばれたプロダクツの古着だけをまとめることにしたのだ。
正直、このウエアハウスの古着は、レプリカという域とは次元の違うクオリティに達している。見た目はヴィンテージ古着そのものだ。糸、生地、染色、パーツ、縫製の全てがヴィンテージに忠実であるからこそ、ヴィンテージと見紛う経年変化をするのだ。


ウエアハウスのプロダクツは、将来的に「ヴィンテージ古着」としてカテゴライズされていくのかもしれない。それは、この1冊に集約した古着を見れば、誰もが感じるはずである