「モーターサイクルアート」(2020/2/14発売)

株式会社枻出版社

¥2,200
芸術的なまでに美しい、世界のカスタムモーターサイクル。

モーターサイクルにおけるカスタムとは、より速く走ることから始まり、
快適な乗り心地の追求、カルチャーの体現など、時代のニーズに合わせて多くのビルダーから生み出されてきた。
近年では3Dプリンタを使うことで表現の幅も広がり、より複雑な造形も可能になった。
そんな最先端の手法はもちろん、職人ならではの技術を駆使して作られたカスタムモーターサイクルは、
もはや乗り物という概念を超越し、芸術作品のような佇まいの車両も存在する。
そこに注目したBMWやYAMAHAなどは、
新車プロモーションの一環として主催するカスタムプロジェクトもいまや世界的に注目度が高くなっている。
発売前の新車を使い世界のビルダーたちが手掛けるだけに、独創的なデザインも多く誕生。
本書はそんな芸術性の高いカスタムを新規問わず集めたビジュアルブックとなっている。