DENALI NATIONAL PARK MOUNT McKINLEY

¥12,100
税込み

\1月24日(水)稲妻ショッピングチャンネルで販売開始!/ 

1月24日(水)21時よりYouTubeチャンネル【CLUTCHMAN TV】にて生配信する「ナショナルパークの魅力を描いたアメリカ製ポスターでお家に彩りを!【ライトニング 編集後記LIVE/Vol.137】にてご紹介。

見逃さないよう下記URLからリマインダー設定もおすすめ!
https://youtube.com/live/dl07bzwsUDI


「だから、絶対に生きて帰らなきゃいけない。」

──冒険家・植村直己

マッキンリー山を含むデナリ国立公園は、アメリカ合衆国アラスカ州内陸部に位置する。このマッキンリー山は、1897年地方検事ウィリアム・A・ディッキーにより、オハイオ州出身のウィリアム・マッキンリー大統領に因んで名付けられた。その後、この国立公園は1917年にマッキンリー山国立公園と命名されたが、実はウィリアム・マッキンリー大統領とこの地域とで関連が無く、長い間地元の批判に晒されていた。その後の1980年にアラスカ国家利益土地保護法により、現在のデナリ国立公園と呼ばれるようになった。ちなみにデナリとは、アラスカ先住民族であるアサバスカンの言葉で「偉大なもの」を意味する。
国立公園内はタイガやツンドラ、氷河など様々な気候帯が存在し、この極寒から生み出される絶景は世界にも有名。中でも北アメリカ最高峰である標高6190メートルのマッキンリー山(デナリ山)は、世界中の名だたる登山家が挑戦した場所として知られている。中でも日本人冒険家である植村直己は1984年、マッキンリーの冬期単独登頂に挑み、登頂成功後の下山中に消息不明となった。このマッキンリー山には彼を含めて40人の冒険家、登山家が、白い頂に抱かれ眠っているという。そんな大自然の恐ろしさと偉大さを目の当たりにできるこの場所へ、ポスターを通じて思いを馳せてみるのも悪くない。


ロストアートの復活を手掛ける
RANGER DOUG’S ENTERPRISES。


現在のアメリカ合衆国には63箇所ものナショナルパークが存在している。大きな国土にはそれだけ魅力的で雄大な景観を誇る大自然がたくさん残されている。そんなナショナルパークの魅力を、アーリーアメリカンと形容すべき歴史感溢れるタッチでその魅力を伝えてくれるポスターがある。
ここに販売する10種のポスターはそのラインナップの一部だが、これらの大半は 1935〜1943年の間に制作されたもの。その時代感がストレートに表現された構図や色味、文字フォントから、アメリカらしさを感じ取らずにはいられない。
現在このポスターは、RANGER DOUG’S ENTERPRISES(レンジャーダグズ ・エンタープライゼズ)がポスターの原盤発掘や復元管理をしている。そもそも事の始まりは1970年。ワイオミング州のグランド・テイトン国立公園に努めていた一人のパークレンジャーが居た。当時20歳であった、RANGER DOUG’S ENTERPRISESの代表を務めるダグ・リーンである。
彼は馬小屋の清掃中に壁に飾られた1枚のポスターを発見する。これこそがNPS(National Park Service/国立公園管理局)からの依頼で初期にデザインされた1枚のポスターであった。ダグはその完成された美しさに大きな感銘を受け、そしてこの歴史的なロストアートを発掘保存し、 未来に残して行く事を自身のライフワークにすると決意した。

当時のポスター制作は、アメリカが大恐慌から
復興するためのニューディール政策から端を発する。

このNPSポスターは、アメリカの経済復興を公約に就任したフランクリン・ルーズベルト大統領により1933年から施されたニューディール政策の潮流から生まれたものだった。1935年からのセカンドフェイズの中心となったWPA(Works Progress Administration/雇用促進局)の設立により、政府が支援する多数の仕事が生み出された。さらにWPAは総予算の7%を芸術関連に投資し、FAP(Federal Art Project/連邦アートプロジェクト)をスタートさせる事になる。この目的は大恐慌により職を失ったアーティストたちの生計を支援するためであり、1万人以上という膨大な数のアーティストがサラリー制で政府に雇用された。
一方、政府の管轄下にあったNPSはパークのポスターを制作する計画を持っていた。当時のアメリカは現在のようにモータリゼーションが発展していたワケではないので、国立公園としてはビジターに訪問を呼びかける必要があった。そこでNPSとしては魅力的なナショナルパークのポスターを用意したいと考え、FAPの登録アーティストに依頼をして、正式にナショナルパークのポスター制作がスタートする事になる。余談だが連邦アートプロジェクトで活躍したアーティストは、あくまでも政府からサラリー契約で雇用され作品を制作していたため、アートピースには彼らのサインが一切入れられていない。そうした事から現在でも正確に作者が分かっている作品はほとんど無い。

 


──永き時を超え、ロストアートの復活が始まる。

1枚のNPSポスターを発見し、調査を開始してから20年後、ダグの努力が大きく実を結び始める。ウエストバージニアの国立公園局のファイルの引き出しの中で、連邦アートプロジェクトの資料として、NPSのポスター原画や印刷に関わる13種類のネガフィルムを見つけたのだ。この情報は当時と同じ手法でポスターを復元制作するための大きな手助けとなった。またポスターの再出版が進むにつれ、その美しさに惹かれた人たちの中から多数の協力者が現れ始める。シアトルのガレージや公園の丸太小屋から、2枚のマウント・レーニアのポスターが出現。さらには別の場所で発見されたフレームを分解するとその中には複数枚のポスターが挟まれていたりと、貴重なポスターの発掘が相次いだ。
21世紀に入っても全米の賛同者から情報が相次ぎ、2003年には引き出しから13枚のポスターが見つかった。また翌年にはロサンジェルスの古物商で9枚のオリジナルポスターが販売され、その後オークションに出回り1 万ドル近い値を付けたものもあるようだ。それ以降も細かい発見が続き、 現在では41枚のNPSポスターのオリジナルが見つかっている。
こうした新しい発見によりRANGER DOUG’S ENTERPRISESは、失われた美しいNPSのポスターアートの発掘とその再生に挑んでいる。当時と同じシルクスクリーンプリンティングで印刷された色鮮やかなポスターたちは、その自然景観の特徴を巧みに捉えた構図が描写されていて、まるで空気感まで伝わってくるような色彩で表現されている。写真での表現とは全く異なり、時には躍動感が伝わるビビッドカラーであったり、時には自然の優しい表情を伝えるパステル調だったりするのがその特徴。これぞまさしく20世紀前半の繊細かつダイナミックなアメリカンスタイルのイラストレーションと言えよう。


Spec.
シートサイズ:533 × 393mm
イメージサイズ:482 × 342mm
※作品によって若干の個体差がございます。


Detail


ウッドフレーム(ダークブラウン)



アルミフレーム


〈額装オプションについて〉
額装バージョンに使用しているフレームは、日本が世界に誇る『Art Print Japan(アートプリントジャパン)社』が、自社工場にて製作した高品質の日本製です。フレームに仕様する素材は、国内だけでなく主にヨーロッパから輸入したものを使用し、正面のアクリルについては日本製の最高品質のものを自社で加工しています。そのため、安価なアクリルよりも傷が付きにくい上に透明度が高く、ポスターの美しい色彩をダイレクトに感じることができます。

今回ご用意したフレームは2種類。1つは木製フレームで、グラーノフレームといわれているタイプ。木目の凹凸を生かしながら、ダークブラウンの塗装をした上にニスのような艶の出る塗装も施しており、大変高級感があります。ポスターですが、絵画のような存在感がありますので、少し重厚な雰囲気を演出したい方には、この木製フレームがオススメです。

もう1つはアルミフレームです。このようなポップな色彩のポスターは、ポップアートの感覚で飾るのもオススメで、その際にアルミフレームをお選びいただくとポップさが際立ちます。無機質なインテリアやモダンなインテリアには、特に合わせやすいと思います。また、複数枚を並列に飾る際、ポスターの色彩に関係なく飾りやすいのは、このアルミフレームだと思います。

どちらも専用の紐が付属しますので、それをフレーム裏の所定位置に通してから壁掛けしてください。


納品時期:ポスター本体のみの場合はご注文から5営業以内に出荷。額装オプションの場合はご注文から1ヵ月以内に出荷。
配送
手数料:全国一律500円
※稲妻メイトにご入会の方は、配送手数料が無料になるクーポンコードが使用できます。
お支払いページにて[inazumamate]とご入力ください。

<注意事項>
※掲載している作品画像と実物の作品の色味には多少の差異があることがございます。
※ご注文後の返品・交換はお受け出来ません。
※アメリカから直輸入した商品です。現地での保管中や日本への輸送中に、シートの角にわずかに折れや歪みが生じてしまう場合がございます。額装して飾ることに問題はございませんので、あらかじめご了承ください。

 


額装されている写真は、H700 × W500mmの額を使用しております。マットのサイズはイメージサイズと同様です。


写真で使用した額縁
https://www.ikea.com/jp/ja/p/ramsborg-frame-brown-80478408/#content

写真で使用したマット
https://www.art-maruni.com/index.php


カリフォルニアスタイル Vol.19「Cool Escapes」(2022/07/21発売)
下記よりお買い求めいただけます。
https://club-lightning.com/products/californiastyle_vol19