【7/3配信で紹介】Cramp × 2nd No.8コードバン ウォッチベルト

¥9,900
税込み

7/3(水)の配信「コーディネイトを格上げするコードバンの時計ベルトとスカーフリングを紹介!【ライトニング 編集後記LIVE/Vol.158】」で紹介します。


こちらの商品は受注販売商品です。
大好評のため締め切りを延長いたしました!
締め切りは2024年7月18日(木)まで。
商品のお届けは2024年10月上旬頃お届け予定。

 
ホーウィン社製のNo.8シェルコードバンを使った
時計ベルトが1万円アンダーというだけで”買い”です!!

東京は台東区池之端に工房兼ショップを構えるレザーファクトリー「池之端銀革店」のオリジナルブランド〈Cramp(クランプ)〉と兄弟誌『2nd』がタッグを組んで製作したホーウィン社製のコードバン時計ベルトです。実は2021年末に発売するやいなや注文が殺到し、瞬く間に完売した逸品。それを今回、アップデートして”復刻”したのですが、その出来栄えとコスパが素晴らしいので、CLUB Lightningでも販売することにしました!

使っているコードバンは、誰もが知るアメリカの老舗タンナー『ホーウィン』のもので、中でも世界的に人気のある伝統なバーガンディカラー”NO.8”のシェルコードバンです。コードバンの中でも最も希少で、美しさと耐久性、通気性、防水性に優れているのが特徴。シェルコードバンは取れる盤面が非常に小さく、高級靴や革小物に使われます。その世界では最高峰の代物として知られ、革好きの中では憧れの存在でもあります。現行品からヴィンテージまで、このベルトに付け替えると時計の上品さが格段にアップしますよ!

さらにポイントがあります。前回からアップデートし、コバを処理しただけでなく、尾錠もゴールド・シルバー・ブラックと3種類用意しました。ラグ幅18mmのドレスウォッチ向けに作っていますが、近年人気のベルト両サイドにステッチを入れない仕様ですので、カジュアルなスタイルにも合わせやすいと思います!

 

Spec.
サイズ:ベルト幅18mm(ラグ幅18mm)
バリエーション:シルバー尾錠、ゴールド尾錠、ブラック尾錠
※いずれもレザーベルト部分はホーウィン社のNo.8バーガンディコードバンを使用



Detail

製作は池之端銀革店が率いる革小物ブランド〈Cramp(クランプ)〉によるもの。コンパクトかつギミック満載で使い勝手が非常に良いと評判のブランドだけに、仕上げの美しさは言うまでもありません

 


レザーラバーの憧れであるホーウィン社製No.8シェルコードバンを使用。その刻印もしっかり施されています。1905年に創業したアメリカの老舗タンナー『ホーウィン』のNO.8(バーガンディ)は同社が誇る伝統カラーです

 


2021年に発売した前回モデルからアップデートしたポイントがこちら。コバ処理を施し、側面もバーガンディに仕上げています



編集部の私物である1960年代製のオメガのベルトを付け替えてみました。まだ革は少し硬い印象ですが、使うほどに柔らかくなって光沢を増していきます


購入期間:2024年7月11日(木)まで
納品時期:2024年10月上旬頃予定

配送手数料:全国一律800円

※稲妻メイトにご入会の方は、配送手数料が無料になるクーポンコードが使用できます。お支払いページにて[inazumamate]とご入力ください。