【1/31配信で紹介】J.L COOMBS BACK-SHOELACE MOCCASIN BOOTS

¥19,800
税込み

売り切れ

アメリカ先住民族の製法で作られたモカシンブーツ。

1830年に米国メイン州にて創業した、かなり旧い歴史を持つJLクームスが1980〜1990年代に手掛けたモカシンブーツです。ちなみに現在でも会社は存在していますが、他社シューズブランドのOEMが専業となっており、JLクームスブランドのブーツは一切作っておらず、新品を入手するにはユーズド市場でデッドストックを探すしか方法はありません。

JLクームスは、19世紀初頭のネイティブアメリカンたちが作っていたモカシンシューズの製法を採用し、初めて製品化して世に送り出したことで有名になったブランドです。また当時、メイン州の森で働くロガーマンたちは、使いにくい欧州製の木製シューズを履いていたので、JLクームスが手掛けた重厚ながら柔軟性にも富んだレザーモカシンは重宝していたそうです。

このモカシンブーツはネイティブアメリカンのモカシンシューズ製法の起源に倣い、極厚の鹿革を使用して、カットからハンマー、ステイン、パンチ、シェイプ、ソーイングといった全ての工程をハンドメイドで行って作られた物。しかも防水性を高める為に革には熊の油を使用しています。また特徴的なバックレースの仕様は、世の中に数多くあるモカシンブーツの中でも、かなり独特なデザインと言えるでしょう。



Profile

Lightning編集部 ADちゃん
ミリタリーウエアに魅せられたアラフィフ編集者。なぜミリタリーウエアが好きなのか、それはアノニマス(匿名)デザインながら完成された機能美があるから。まぁとにかく質実剛健なプロダクツ全般が大好き、これって理屈じゃないんだぜ?


Condition
着用に伴う革表面の擦れ傷や履き口部分の革の裂け、トラクションソールの擦り減りなどのダメージはありますが、実用には問題ありません。


Spec
サイズ:表記無し
※当方、ブーツはUS9を基本に履いています。おそらくUS8 1/2~9くらい。


Detail

ソールにはARMORTRED CUSHIONのトラクションソールを採用



1830年創業のJLクームスの刻印が入る



着用に伴う革表面の擦れ傷あり


ネイティブアメリカンのモカシンシューズの製法を採用しハンドメイドで作られている



左足の履き口部分に革の裂けが入っている


厚さ5ミリ程の極厚な鹿革を使った重厚な作りが特徴



モカシンシューズならではの丸みを帯びたシルエット。ジーンズとの相性は抜群だ



当方、ブーツはUS9を基本に履いている。この特徴的なバックレースのデザイン。足を包み込むような履き心地である


納品時期:ご注文から5営業日以内に出荷
配送手数料:全国一律500円
※稲妻メイトにご入会の方は、配送手数料が無料になるクーポンコードが使用できます。お支払いページにて[inazumamate]とご入力ください。