1917 ビクトローラ卓上蓄音機 VV-IXa

ライトニング編集長 松島睦

¥40,000

Sold Out

※こちらの商品には、別途送料がかかります。

103歳ならではの、いい音を堪能できます。

旧いものは厄介だ。ハンドルを装着してギコギコとモーターを回す。分厚いSPレコードに重厚なアームから飛び出た針を乗せる。回転数を調節して……。音量調節は全面の蓋を両方開けるか、片方開けるか、両方閉めるかの3段階。たいして変わりなし。「よっこらしょって」声を出さないと持ち上がらないほど重い。でも、いいのだ。手動モーターは快調だし、重さの原因のひとつであるオーク材は木目がやたら綺麗な個体。何より、このVV-IXa103歳のご高齢ながら、しっかりと声を響かせてくれる。とてつもなくアナログなしゃがれ声だ。こいつと向き合って傾けるスコッチのグラス……。そりゃ、最高だよ。アメリカでコイツに出逢って買って帰ったのだが、俺の家には、セットするスペースがなく、真夜中に人の少なくなったオフィスで、時々動かしてっけ聴用にSP盤レコードは一枚おまけ(何が届くかはお楽しみに)

 

Profile.


ライトニング編集長
松島睦

ライトニング、2ndCLUTCH Magazine3誌の編集長を務める。「旧い」は偉い! といつも言っているように、長く残っているものを勝手にヘリテージ認定して手元に置きたくなる。と同時に、現代のプロダクツでも50年後に残るものを探すことがライフワーク。モノ選びの基準は頑丈で、育てられる楽しみがあって、飽きのこないデザイン。

 

SPEC.

 サイズ:37 x 410 x 奥行49.5cm

 

Condition.

オーバーホール済みのものを5年ほど前にアメリカで購入した。動作確認は動画をご覧あれ蓄音機についてのにわか調べでは詳細部分がわからないので、インテリアだと思って買ってもらったほうがいいかな。音が出る重厚な年代物のオブジェと考えてほしい。

 

Detail. 


蓋の内側にはVictor社の名犬ニッパーと美しいゴールドリーフのようなVictrolaロゴがプリント100年以上も前のものとは思えないほど、しっかりと残っている

 

VV-IXaという型番が刻印されたプレート。Made in U.S.A.時代のものだが、「登録商標」という日本語が記されている。モーター部分やアームなど、どこまでがオリジナルパーツなのかがよくわからない。

 
全ての蓋を閉じると美しい木目に目が行く。オーク材なので頑丈かつ重厚。存在感はあるが、重量はかなりのもの。

 

Photo/A.Ochiai 落合明人